iMessageを使い始めてみる

さて、自分のApple IDとその連絡先は、昔からPCで使っているプロバイダのメールアドレスで登録してあるという前提です。(ここの情報を見る限りでは後で変更できるらしいですが、色んな副作用が出そうな予感…)

iOS5の新機能を堪能するため、iPhoneを持っている知人からMMSが飛んできたら、MMSよりiMessageを優先するようにならないかと思ってちょいと設定してみたら、やや面倒くさかったというお話。

設定アプリにあるメッセージの画面にて、iMessageのアクティベートが完了すると受信用宛先が電話番号とApple IDのメールアドレスにセットアップされておりました。

この状況でiPhoneのメッセージアプリからPCのメールアドレスにメールを送ると、吹き出しが青のiMesssageで送ろうとして配信に失敗(*)するので、これじゃぁダメだろということで、先ずはメッセージ着信用の連絡先情報にMMSのメールアドレス(???@softbank.ne.jp)を追加。

(*)たぶんPCのメールアドレスをiPhoneで受け取れるアドレスとして認識してるけど、実際に配送しようとしたときにプロバイダの方に流そうとしちゃって、つじつまが合っていない感じ。

追加するとしばらくしてアップルからMMSメッセージが飛んできて、追加したメールアドレスを確認するために指定したURLのページを表示してくれとのこと。んが、この確認用のURLが長すぎて、メッセージアプリでURLを踏んで直接そのページが開けないというワナ。困る。

しょうがないので、メールの本文をコピーして、メモアプリの新規メモに貼り付けて前後の不要な文字を削除して、それをまたコピーしてSafariのアドレス欄にペーストして、どうにか確認ページを表示させて登録完了。

再び、設定アプリのメッセージの画面に戻って、連絡先情報でPCのメールアドレスを削除して電話番号とMMSのメールアドレスだけを残し、発信者IDでMMSのメールアドレスを選択して完了。

一服休憩してからPCのメールアドレスにメッセージを送ったら、今度は吹き出しが緑のMMSでちゃんと配信できました。やれやれ。

まぁもっとも、最新ガジェットをすぐ入手して細々設定するようなマニアックな友人がいないので、この設定でセットアップがうまく行っている他のiPhoneとiMessageを使ってやりとり出来るかどうか、結果はまた後日ですが。

追記その1:

分かりやすくまとめて下さっているページを発見しました。

softbank.ne.jpアドレスでのiMessageの設定方法
http://kitahei.cocolog-nifty.com/youyou/2011/10/softbanknejpime.html

追記その2:

FaceTimeの設定も同じかもしれません。

追記その3:

上記は自分のiPhone 4Sでの手順ですが、これは以前から使っているiPhone 3GS + iOS4.3.5をバックアップしてiPhone 4Sに復元した環境です。初めてのiPhone 4S(とか工場出荷状態のiOS5)だと、色々と違うかも知れません。

コメントを残す