放置一ヶ月

お久しぶりでございます。多忙につき一ヶ月ほど放置してしまいました。いやぁ、吹けば飛ぶようなIT企業の年度末進行って恐ろしいですね!(冷笑)

さて、ここのサーバにインストールされているPHPはバージョンが古すぎると見えて、WordPressの最新バージョンへアップデートしようとすると、動作環境チェックに引っかかってはじかれる始末。この件かなり放置しておりましたが、セキュリティホールとかつつかれて他のサイトさまへ迷惑がかかったりすると嫌なので、休日死亡状態の頭に気合いを入れて、先ほど斯く斯く然々をアップデートしてみました。

まずは、新しいバージョンのPHPはコマンド一発!とか手軽には行かないので、仕込みを入れてからアップデート。PHPを新しくするとMySQLも新しくしなければならないという罠が張ってあり、新しいMySQLの設定ファイルは古いバージョンと一部互換がないという二重の罠が張ってあるという。見事に陥りました。

# php -v
PHP 5.1.6 (cli) (built: Apr  7 2009 08:00:04)
Copyright (c) 1997-2006 The PHP Group
Zend Engine v2.1.0, Copyright (c) 1998-2006 Zend Technologies
# cd /usr/local/src
# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
# rpm -Uvh epel-release-5-4.noarch.rpm
# rpm -Uvh remi-release-5.rpm
# cd /etc/yum.repos.d/
# vi epel.repo
    :
priority=1
enabled=0
    :
# vi remi.repo
    :
priority=1
enabled=0
    :
# service httpd stop
# service mysqld stop
# yum --enablerepo=epel,remi -y update 'mysql*'
# yum --enablerepo=epel,remi -y update php php-mbstring
# pear upgrade --force Archive_tar
# pear upgrade --force Console_Getopt
# pear upgrade PEAR
# pecl uninstall APC
# pecl install APC
# cat /etc/php.d/apc.ini
; Enable APC extension module
extension=apc.so
[EOF]
# php -v
PHP 5.3.10 (cli) (built: Feb  4 2012 07:16:03)
Copyright (c) 1997-2012 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2012 Zend Technologies
# cd /etc/
# vi my.cnf
    :
#skip-locking   # (deprecatedi on 5.5)
skip-external-locking
    :
#default-character-set = utf8   # (deprecated on 5.5)
character-set-server = utf8
    :
# service mysqld start
# service httpd start

…一部激しく端折っていますが、本当に情報が必要な方はGoogleとかで他を検索した方が確かと思われます。

そして、WordPressの管理ページにログインして更新して完了。ここまで何もバックアップを取らずに試行錯誤で作業しているところに、一抹の恐怖を覚えた次第。鶴亀鶴亀。

 

コメントを残す