Auto Layoutで縦と横の画面切り替え #3

前回からの続きです。

縦置き用の制約と横置き用の制約が衝突しているので、それらを修正します。

ビュー階層が表示されている右上に赤いアイコンがあるのでそれをクリックすると、レイアウトエラーになった制約の一覧が表示されます。

img20150314_autolayout_21

AボタンのとCボタンの縦位置が赤いビューの中央に沿うのは、横置きでは不要なので、それぞれ実行されないようにします。(wAny hC を追加してInstalledのチェックを外します)

img20150314_autolayout_22 img20150314_autolayout_23

AボタンのとCボタンの横位置が赤いビューの左端と右端を基準にしているのは、横置きでは不要なので、それぞれ実行されないようにします。

img20150314_autolayout_24 img20150314_autolayout_25

赤いビューの高さ固定は、横置きでは不要なので、実行されないようにします。

img20150314_autolayout_26

青いビューの右端が親のビューに張り付くのは、横置きでは不要なので、実行されないようにします。

img20150314_autolayout_27

赤いビューの左端が親のビューに張り付くのは、横置きでは不要なので、実行されないようにします。

img20150314_autolayout_28

赤いビューの上端が青いビューに張り付くのは、横置きでは不要なので、実行されないようにします。

img20150314_autolayout_29

これで、すべての制約の衝突が解消され、レイアウトエラーがなくなりました。

最終回に続きます。

コメントを残す