物欲炸裂貯蓄崩壊

カッとなってMacbook airとMac miniとTime Capsuleを購入です。

旧いMacからユーザーデータを移行してタイムマシンでバックアップを取り直して移行漏れしているドライバやらアプリやらを再インストールしていたら糞暑い夏の週末が瞬時で終わっていて、やや焦りました。

The UNIX Philosophy

ニーチェを読み終わったので、次の哲学に行ってみます。

アマゾンで買ったのですが、配送会社の品質がドイヒーのため、予定よりも1日遅れで到着ということに。どうやったら配達する区を間違えるのですか!

F1 2010

週末放送された日本GPの小林可夢偉の走りは熱かった。車がレッドブルとかフェラーリだったら表彰台に立っていたかもしれません。

恐ろしく昔、PCでMicroproseからGrand Prix 2とか言うF1レースゲームが出ていて激しくやり込んだりしておりましたが(Thrustmasterのハンドルコントローラ使用、ドライビングアシスト全部オフ、カーダメージ全部オン、周回数100%の設定で、一時停止は使用禁止でモナコGPを完走とか言うレベルのめり込み度)、その後、何年かおきに発売されたGP3とかGP4とかも買って遊んだわけですが、当時の自分のPCの性能ではフルオプション表示で動きがカクカクで熱も冷めて穏やかにマイブーム終了。

まぁそんなことがあり、そして夏に買ったPS3は1本もゲームを買わずに埃がたまり始めていたところに、このたびの鈴鹿GPに合わせるかのようにCodemasterから「MicroproseのF1GPシリーズの香り」がするF1 2010というレースゲームが出るとか言う話題をキャッチし、発売日にヨドバシでゲットした次第。

…すんません、これ、ハンドルコントローラとペダルとかで操作しないと、やっぱり全然無理っす。

ブルーレイじゃないともったいない

蒸して暑い。

テレビを買ってから一週間と経たずして、その貯まったヨドバシポイントで「プレイステーション3」も買ってしまいました。もっとも、ゲームを買う予定もなく、すぐに近所のレンタルビデオ屋から借りてきたブルーレイの作品を見るための単なるビデオ再生機器へと成り下がっていますが。もったいない。

と言うわけで、レンタルで「アバター」を観ました。自然界を撮影したのとはちょっと違う感じの、被写界深度のひどく深かくて解像感の異常に高いCG風景に関心した次第。

連休も半分消化してぼやぼやしていたら、予約してあった「ATOK 2010 for Mac+Windows」が届きました。早速Macにインストールしました。
何かの拍子に、言語とテキストの入力ソースからU.S.が選択解除できなくなりましたが、ATOK 2010が選択されているところにさらに追加で’ことえり’を選択すると、なぜかU.S.が選択できるようになるので速攻で解除して、さらにその後に’ことえり’も選択解除すると、めでたく’ATOK 2010’だけ選んだ状態にできる模様です。

しかしながら、自分がちょこちょこ書く程度の文章入力では、ATOK 2008の賢さとATOK 2010のさらに賢くなった部分の違いが分かりません。もったいない。