Xcode 4とかiOS 4.3とか

Xcode 4 とか

便利になっているような気がしますが、あまりに変わりすぎです。何がどこに行ったのかさっぱりわからないという。一部は日本語訳されていたメニューとかの表示もすっかりそぎ落とされてシンプルに英語表記に。そして、インストール直後にオンラインでリファレンスをダウンロードするらしく、拙者のMacだと1時間ぐらいほぼ操作不能な状況になりました。しようがないので終わるまで放置していたらいつの間にか仮想記憶メモリが4GBを超えて異常終了してました。困ります。

iOS 4.3 とか

iPhone 3G とかが切り捨てられたりしてそれは酷いとか思っていたけれど、気のせいじゃなければプロジェクトの標準設定で ARM v6 アーキテクチャが切り捨てられている感じです。(3Gまでがv6で3GSからがv7なんですってよ)
これが火種になって、少し昔にビルドして使い回していたOpenCV-2.0.0のスタティックリンクライブラリが、armv6なんぞ知らんとかいって今開発している最中のアプリがビルドエラーを吐きまくる状況になりました。困ります。

思い出しながらライブラリのコンパイル設定を調査生成するスクリプトの中に書いてある対象SDKを4.0から4.3へ、対象アーキテクチャもarmv6からarmv7へ変更してメイクファイルを再度生成してコンパイルして、出来たライブラリをXcode 4であっち探しこっち探ししながらアプリのプロジェクトに組み込んで、最終的にどうにかビルド出来たのですが、解決するのに4時間ぐらい費やしました。

コメントを残す