Xcode 4.1とAPIリファレンス

ふと、OSX Lion上のXcode 4.1の環境設定でDocumentationを見てみると、ドキュメント名の右横にビックリマークがついておりました。クリックするとドキュメントのディレクトリに書き込む権限がないとか無いとかおっしゃってます。むーむむ。

$ cd /Library/Developer/Documentation/
$ sudo find . -type d -exec chmod 777 {} \;
$ sudo find . -type f -exec chmod 666 {} \;

とか妖しい呪文を唱えてから、もう一度環境設定を開いてCheck and Install Nowとかクリックしてトライしてみると、今度はビックリマークが消えてちゃんとGETし始めたようです。(自分の環境だけの問題なのかXcodeのバグなのかはわかりません…)

で、全部のGETが完了!。…しかし、ターミナルで確認してみると新しく取得されたファイルの所有権が実行したユーザとかになってて案の定無茶苦茶に。何かあったら嫌なのでそれっぽい属性に戻すべく、Xcodeをいったん終了して、

$ cd /Library/Developer/Documentation/
$ sudo find . -type d -exec chmod 755 {} \;
$ sudo find . -type f -exec chmod 644 {} \;
$ cd /Library/Developer/Documentation/DocSets/
$ sudo chown -R _devdocs:wheel *.docset

とか更に妖しい呪文を唱えてみました。確認のため、Xcodeを立ち上げてリファレンスを引いてみましたが、とりあえず大丈夫そう。…むーむむ、こんな処置で良いのかよくわからないけど、もう眠いので本日終了です。

お粗末様でした。

# 追記:
# Xcodeがapple.comにログインするときに使っているキーチェーンが壊れている可能性ありですな。

コメントを残す